薬剤師の父が亡くなったことで考えさせられた

数年前、父が若くして亡くなりました。
私は高校生、弟はまだ小学生でした。
大学にいっていた兄は退学をして、仕事をはじめました。
母も昼夜と働いていましたが、兄がいくらか入れてくれていたのが救いにもなっていました。
父は薬剤師をしていましたが、当時弟は薬剤師なのになんで病気に勝てなかったのかと、よく私や兄に聞いてきました。
まだ低学年の弟には、それがとても不思議だったようです。
自分で薬を作って飲めばよかったのにと、なんだかとても最もらしいことを言っていました。
確かにそう思うかもしれませんよね。
だって薬を扱うプロなのですから・・・
弟の話を聞くたびに切なくなる私でした。
それで私は思ったのです。
父と同じ薬剤師なろうと、そして父とは違う職場で働きたいと強く思いました。
それは研究室です。
底に入るには、薬剤師としてもかなりスキルアップしていかないと無理なことはわかっていましたが、高校の時点で遅すぎるともいえる猛勉強をして薬学科へなんとか入学しました。
叔父の助けもあって学費もなんとか払えていました。
そして時期卒業を迎えます。
受験資格がやっととれるのです。
国家試験も粘りで乗り切ってみせます。
薬剤師になるために気持ちはかなり真剣です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です